トップページ

    このサイトでは小型トラックの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「小型トラックの買取相場を調べて高額買取してくれる専門店に売りたい。」と考えている場合はこのページで紹介しているオススメの車買取店で調べてみてください。

    小型トラックを高額買取してもらうために大事なことは「複数の車買取店で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。複数の車買取業者からの査定額を比較することができるので、小型トラック(2tトラック)の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    トラック買取.com

     トラック買取.comは、大型トラックから小型トラックまでトラックの買取相場を調べられる商業車両の無料査定サイト。
    他社の買取見積書を持っている場合は、その金額よりも高く小型トラックを買い取ってもらえます。

    しかも、ネットの買取査定サービスにありがちな「しつこい営業電話」もありません。「断りにくい状況を作りません。」と宣言している買取業者なので、安心して小型トラックの無料査定に申し込めます。

    もちろん、全国の出張買取に対応していて利用は無料。離島でも山間部でも完全に無料です。

    即日の現金買取にも対応していますし、台数も金額も無制限です。
    「まとめて小型トラックを何台も売りたい」という場合でも、その場で現金支払いをしてもらえます。






    トラック一括査定王

     トラック一括査定王は、1分もかからない簡単入力で小型トラックの買取相場が分かる無料の一括査定サイト。
    複数の業者と提携してして、厳選5社に小型トラックの買取査定を依頼できます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数業者に査定依頼をして長い距離を走った小型トラックを1円でも高く売りましょう。

    「いくつもの買取業者に買取査定をお願いすると断るのが大変で…」という場合でも、業者へのお断り代行サービスをしていますので、安心して利用してみてください。






    トラック王国

     トラック王国は、長年の実績を持つ老舗の中古トラック買取業者。
    中古トラックや小型トラック、重機の現車確認や試乗ができる展示場が全国5ヵ所にあり、中古トラックの販売サービスも行っているので、独自の販売ルートを持っています。

    その為、他社よりも小型トラックを高く売れる可能性があります。
    テレビCMやラジオ、雑誌などでも宣伝しているので知名度も抜群で全国への出張査定も無料。

    商業車によくある低年式や過走行車、廃車寸前の状態でも独自の販売ルートがあるため、高額買取が可能です。
    看板消しやレッカー移動も無料ですし、「20万キロ以上走っている小型トラックを買い取って欲しい」という場合でも査定依頼ができます。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーと言うくらい有名なので安心して使えます。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社に小型トラックの買取査定依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で利用は無料。

    「できるだけ高く売りたいから小型トラックの買取相場をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」と思っているならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちの小型トラックの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    申し込み後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの小型トラックでも高く売ることができます。

    約10社の買取業者が小型トラックを査定してくれるので、高額査定をしてくれた買取業者に。あなたが大切に乗ってきた小型トラックを売却しましょう。






    車買取コラム

    知っておいて損はないでしょうが、中古車買取の市場においては、中規模や個人経営のような小規模な店舗と、大企業では車を査定するときのスタンスが異なっているという点が挙げられるでしょう。

    お金を沢山持っているし、専用の販売ルートもある大手の場合は、次から次にドンドンと買取を行うでしょう。

    他方、社で決められた基準の範囲内でしか買取価格を上下することができず、提示された価格に対して交渉できる可能性はあまりありません。

    その一方で、中小の買い取り店舗は一車種毎にオークションで販売していく方式をとることがほとんどのため、関与した査定士によるところが大きく、高く売れるだろうと思ってくれれば一般的な相場の金額よりも高く評価してもらえる場合もあるでしょう。

    売っても良いかと考え中の中古車にこのような値段では売るのは嫌だと思うような金額を出されたら、それなら売るのは止めると言うこともできるのです。

    中古車の査定をしたからといって、その車を必ず売却しなければならないかというとそうではないのです。

    一番最初の見積金額では売れないと言うとそう言った時から査定額アップの商談が始まるケースもあるでしょうし、その店にこだわらなくいても、ほかならもっと高値で売却可能かもしれないですよね。

    気に入らなければ正直に嫌だと言っても誰にも迷惑はかからないのです。

    中古車売買に際して、1年1ヶ月以上車検が残ったままだと、買取店舗によっても幾らか変わるでしょうが、だいたい数万円ほど見積金額が上乗せされます。

    しかし、車検の残りが一年以下の場合では車検までの残りがあったとしても見積もりに影響しません。

    残りの車検が長い方が査定に良い影響を及ぼすといっても、売る前に車検を実施しても通した車検費用より多くの金額が見積金額に加算されて回収出来ることはないでしょうから、手間と時間を掛けて事前に車検を通す必要は全くないでしょう。

    車の査定を一社でなく複数の業者にさせるというのは、高値で車を売却する秘訣といえます。

    ただ、複数といっても何社位を指すのかというと3社の結果で満足する人もいれば不満が残る人もいるので、主観が入る部分もあるかと思います。

    わざわざ複数の査定を受ける目的は明らかで、比較検討するためと、他にも競争相手がいるということで全体的に査定額が高くなることを期待したものです。

    本来の目的さえ満たすものなら、どれだけ多くの会社に依頼しようと問題ないのですが、査定額には有効期限があるので長期化は禁物です。

    過失割合10、ゼロで自己相手に非がある追突事故で、自分の車が大破。

    あとになって買取や下取りに出そうにも、事故車ということでそうでない車とは比べ物にならないほど低い査定額になってしまう場合があります。

    では、その損失分を事故の相手方に払ってもらえるのかというと、まさにケースバイケースで、どのような判定になるかはわかりません。

    また、保険会社としては当事者間で話し合いがついたとしてもその部分については保険対象外とすることが殆どです。

    やむをえず訴訟に踏み切ることも視野に入れた上で弁護士事務所に相談する以外、手はありません。

    専門家である買取業者からすると、個人がいくら隠そうと努力してみても車に関する履歴(修復、事故)は一目瞭然です。

    隠蔽行為は査定担当者に不信感を持たせますし、査定額アップの交渉なんてもってのほかでしょう。

    査定では誠実に告知することが求められますから、虚偽申告は保険で言えば病歴を偽って契約する告知義務違反になるわけで、内容次第では減額や返還請求といったペナルティが課されることになります。

    こういった事態に対応するために、契約書に目を通すとほぼ100パーセントの確率で申告や隠蔽に関する記載があります。

    車を中古車屋に売る際にしておくことは、二つほどあり、とりあえずするべきなのは相場の机上調査です。

    これはネット一括査定などを利用すれば簡単です。

    自分の車の価値をだいたいでも把握しておかないと、もっと高値で売れたのにとあとから後悔することもあるわけで、それを避けるためにも絶対に相場知識は必要なのです。

    次に大事なのは、車をきれいにしておくことです。

    ボディは埃を落とす程度に洗車してあればOKですが、車内は今までにないほど丁寧に掃除しておきたいです。

    家や車には独特のニオイがありますが、これが残っていると査定で減点されるのは間違いありません。

    一般的に決算時期やボーナス時期には業者も買取に力を入れてくるので、不要な車を売るのに適したタイミングはあるのです。

    車を買いたいと考える人が多くなる時期には需要と同時に買取の相場も上がるのです。

    売却に適したタイミングがあると言っても、車を売ろうとする時期が決算やボーナスの時期と大分離れていた時には、それらのタイミングまで待つ方が良いというわけでもないのです。

    じっさいの売却時期が遅くなれば車の全式も当然ながら進んでいきます。

    相場上昇によって恩恵を被るよりも、愛車が型落ちして価値も下がることの方が大きくなることも予想されるからです。

    派手に改造してある車は車検すら通すことが不可能です。

    しかし、このような改造車でも、買取りしてもらうことはできます。

    しかしながら、一般的な中古車買取業者では必ず買い取りしてくれるとは限らずに、マイナス査定になることが多い事を肝に銘じておいた方が良いかも知れませんね。

    売却するのが改造車の場合は、じゅうぶんな知識と理解があり、ちゃんと販売ルートも持っている改造車専門店で売却する方がメリットが多いでしょう。

    その車の状態によっては改造車でも高く査定して貰える可能性がアップします。