トップページ

    このサイトでは小型トラックの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「小型トラックの買取相場を調べて高額買取してくれる専門店に売りたい。」と考えている場合はこのページで紹介しているオススメの車買取店で調べてみてください。

    小型トラックを高額買取してもらうために大事なことは「複数の車買取店で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。複数の車買取業者からの査定額を比較することができるので、小型トラック(2tトラック)の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    トラック買取.com

     トラック買取.comは、大型トラックから小型トラックまでトラックの買取相場を調べられる商業車両の無料査定サイト。
    他社の買取見積書を持っている場合は、その金額よりも高く小型トラックを買い取ってもらえます。

    しかも、ネットの買取査定サービスにありがちな「しつこい営業電話」もありません。「断りにくい状況を作りません。」と宣言している買取業者なので、安心して小型トラックの無料査定に申し込めます。

    もちろん、全国の出張買取に対応していて利用は無料。離島でも山間部でも完全に無料です。

    即日の現金買取にも対応していますし、台数も金額も無制限です。
    「まとめて小型トラックを何台も売りたい」という場合でも、その場で現金支払いをしてもらえます。






    トラック一括査定王

     トラック一括査定王は、1分もかからない簡単入力で小型トラックの買取相場が分かる無料の一括査定サイト。
    複数の業者と提携してして、厳選5社に小型トラックの買取査定を依頼できます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数業者に査定依頼をして長い距離を走った小型トラックを1円でも高く売りましょう。

    「いくつもの買取業者に買取査定をお願いすると断るのが大変で…」という場合でも、業者へのお断り代行サービスをしていますので、安心して利用してみてください。






    トラック王国

     トラック王国は、長年の実績を持つ老舗の中古トラック買取業者。
    中古トラックや小型トラック、重機の現車確認や試乗ができる展示場が全国5ヵ所にあり、中古トラックの販売サービスも行っているので、独自の販売ルートを持っています。

    その為、他社よりも小型トラックを高く売れる可能性があります。
    テレビCMやラジオ、雑誌などでも宣伝しているので知名度も抜群で全国への出張査定も無料。

    商業車によくある低年式や過走行車、廃車寸前の状態でも独自の販売ルートがあるため、高額買取が可能です。
    看板消しやレッカー移動も無料ですし、「20万キロ以上走っている小型トラックを買い取って欲しい」という場合でも査定依頼ができます。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーと言うくらい有名なので安心して使えます。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社に小型トラックの買取査定依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で利用は無料。

    「できるだけ高く売りたいから小型トラックの買取相場をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」と思っているならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちの小型トラックの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    申し込み後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの小型トラックでも高く売ることができます。

    約10社の買取業者が小型トラックを査定してくれるので、高額査定をしてくれた買取業者に。あなたが大切に乗ってきた小型トラックを売却しましょう。






    車買取コラム

    中古車の買取査定のために業者まで出向く時間がないときなどには、大概の業者では、自宅等に出向いて行う出張査定を受け付けているのです。

    査定スタッフが車のあるところまで来てくれて実物を見て確認し、査定額を算出してくれる方法です。

    このような査定の方法は、同じ時刻に何社かの査定スタッフに出向いてもらうのも自由です。

    このように複数の会社に同時に依頼することで時間も節約可能ですし、一緒に居合わせた査定スタッフ同士で査定額の競争が行われるので結局のところ査定額が高くなる事が多いと言えるでしょう。

    一般的に言って、事故車と呼ばれている「修理歴車」は、査定時に大きく減額されてしまう元となってしまいます。

    でも、以前修理したことがあるすべての車が同じように修理歴車になるわけではないのです。

    車体の骨格にまで修理歴が及んでいなければ、ドアやボンネットなどを板金塗装してあったりしても修理歴車という扱いを受けることはないのです。

    しかしながら、修理歴車という呼称はされなくても、以前板金などを行って修理したことがある車は査定の際にマイナスされる可能性が高いです。

    何も中古車販売店に限ったことではありませんが、売買に際して起こる可能性のあるトラブルは何個かあるでしょうが、トラブルの中には大変たちの悪いものもあるのです。

    一例を挙げると、業者が見積もりを出して車を引き取った後から、再度チェックしたら問題が出てきたと実際の買取金額をグッと低下させられる場合も少なからずあります。

    それよりも酷いケースになると、手元から車だけなくなって、料金が入らない場合だって存在するのです。

    これらのような質の悪いケースに巻き込まれたら、泣き寝入りせずに直ちに消費者生活センターなどに行ってください。

    乗用車を売却するにはまず査定を受ける必要があります。

    一口に査定といってもやり方は簡単に分けると2種類です。

    比較的なじみ深いのは、自動車の購入と処分を同じディーラーで行ういわゆる「下取り査定」です。

    一箇所で購入と売却(下取り)を済ませられるので、足(車)がなくて不自由することはありませんが、中古車の買取りを専門に行っている業者と比べると、低めの査定額になるのは否めません。

    そうした下取りの欠点を補うのが中古車買取業者に査定を依頼する方法です。

    一社でなく複数に査定してもらえるため、ディーラーの下取りよりは高値になる可能性が高いです。

    パーツを交換したり付加するといったいわゆる改造車は、中古車市場ではあまり良い査定を得られないと言いますが、一概にこうだと言い切ることはできません。

    付加価値の高い人気パーツならば評価としては若干プラスになるかもしれません。

    但し、その部分に劣化や損傷が認められれば業者は買取後に修理しなければいけないので、その分だけ減点されるはずです。

    ほかに、斬新すぎたり極端な外観のものも売りにくいものとして敬遠され、持ち主がかけたコストにかかわらず減点になります。

    このように改造車は減点評価されがちですので、車はノーマル状態に戻し、まだ需要がありそうなパーツならそれだけを売る方が金銭的にはオトクです。

    売却を前提に業者に車の査定を申し込む場合、所有者側で何か書類などを整える必要はまだありません。

    ただし、売却する業者が決まって契約となると、車検証や自賠責保険証、納税証明など複数の書類を整えなければいけません。

    また、役所で発行される印鑑証明書などは代理人が行けば後日郵送になってしまいますし、書類と現在の姓が違っている人はもとより、現在の住民票の住所とその他の書類の住所が異なる際は、通常よりも提出書類が増えますから、先に担当者に確認しておくと良いでしょう。

    中古車屋に売ると決めたら時間があるうちに書類を揃え始めたほうがあとあと楽でしょう。

    自分が持っている車を見積もり査定に出すときには、キズや凹みが目立ってしまうと査定額がダウンするのは避けられませんね。

    目立つ傷があっても、素人が自分で修理することはオススメできません。

    それなりに自動車修理の腕前を持っている人でもない限り、ちょっと見たときには綺麗そうでもプロの目からすれば綺麗に見えないこともあるからです。

    しかしながら、売却前に修理を通した方が良いということではないのです。

    プロの腕で修理した費用分以上に見積額が高くなるとは考えられず、結果的に自分が損をしてしまうだけだからです。

    全部というわけではありませんが、車を売ったお金には税金がかかることがあります。

    所有者が個人であって、通勤専用車であれば所得税の対象にはなりません。

    車の使用目的がレジャー等にまで広がってくると、所得税を支払う可能性もあります。

    詳細を述べると、買った金額を売った金額が50万円以上上回った時に課税対象になります。

    個人事業主として業務で使っている車は売却時のルールが別にありますから、不明点は確定申告のときに税理士に相談するなどして対応してください。

    同時に多数の車買取会社のスタッフに出張査定予約を入れて、時を同じくして中古車を査定してもらうことを「相見積もり」といいます。

    相見積もりによるメリットは、価格競争を起こさせて査定額を上げることですね。

    相見積もりをあまり快く引き受けてくれない会社も中にはあるのですが、嫌がらずに引き受けてくれる買取会社は実際に購入しようとする意欲が高いところで、買取業者間の査定額競争が激しさを増すと予想されます。

    幾らかでも高く車を売るためには効果が高い方法といえますね。